【夢をかなえるゾウ1】は行動している人ほど読んでほしい

「このまま会社に依存して大丈夫なのか?」

「自分のやりたいことはやれているのか?」

このような不安を感じ「人生変えたい」と考えていませんか。

私もこの一年で会社員でいることに不安を感じ、人生変えようと行動をはじめました。

その中で読んだ『夢をかなえるゾウ1』が今の自分にかなり刺さる内容でした。

ということは、今の自分を何か変えようと行動している人にも多くの気づきを与えてくれるんじゃないかと思いましたので紹介したいと思います。

まず、この本の私なりの結論は『行動以外に人生変える術はない』です。

「巷でよく言う当たり前のことじゃん」という声が聞こえてきそうですが、結局はそうなんです。

世の中の成功者、かつての偉人達が人生変えてきたのは、もともと才能があったからという話ではなく、みんな行動していたからなのです。

つまり人生変えるには、自分で決断し行動するしかないんです。

世の中の多くの人が人生変えれないのは結局は行動しないからなんです。

そんなごくシンプルな結論を改めて叩きつけてくれました。その一方で今自分が少しずつでも行動していることが間違ってないんだと勇気づけられました。

  • 人生を変えたい
  • 夢を実現したい
  • 輝いて生きたい

今の自分を何かしら変えようと行動している人こそ心に刺さると思います。

現状満足している人は、関西弁をしゃべる面白いゾウが楽しそうにやってるなくらいの内容となると思うので読む必要はありません。

それではまず『夢をかなえるゾウ1』の概要について紹介していきたいと思います。

目次

本書の概要

大きな流れとしては、人生変えたい主人公がガネーシャから出題される課題を実行していく中で人生を変えるための能力を身につけていくというストーリーになります。

この課題というものが、一見「そんなことをして何の意味があるんだろう?」と思うようなものなんです。

しかしその心は、今の自分を変えるために必要なマインド、人生を変えるための本質について教えてくれています。

しかしこれらの課題も実行しないことには何の意味もありません。

この本は課題が実行できるよう使い方についても説明してくれています。

この本はこういう風に使うといい

ガネーシャから出題される課題について1つのパートを読み終わったら実行する。これを毎日1つずつ行っていくという使い方をします。その内容自体も必ず1日でできるようなボリュームとなっています。

課題の内容としては、過去に大きな仕事を成し遂げた偉人たちが通過した課題であり、これらを実行していくなかで夢や目標を実現するための能力を身につけていくというものです。

しかし、これらの課題は何となく実行しては何の意味もないだろうなと感じました。

私自身は課題に対して、成功者達の考え方を最速でインストールするという目的をもって実行するのが重要かなと感じました。

課題はまだ実践中ですが、内容によっては結構難しいです^^;

息を吐くように実行できるまで、繰り返して実行しようと頑張っています。

心に刺さったフレーズ3選

本書の中で特に心に刺さったフレーズ3つについて紹介します。

まさに人生変えようと行動している自分に向かって言われているような気がした言葉達です。

「成功しないための一番重要な要素はな、『人言うことを聞かない』や。そんなもん、当たり前やろ。成功するような自分に変わりたい思とって、でも今までずっと変われへんかったちゅうことは、それはつまり、『自分の考え方にしがみついとる』ちゅうことやんか」

誰かの提案に対して、すぐに「そんなことして意味あるの?」とついつい考えてしまいませんか。でも自分なりに考えて生きてきたはずなのに、結果が出てない。

つまりその考え方自体に問題がある、ということに気付かされました。

自力でだめなら人の言うことを素直に聞こうと思いました。

毎日寝る前に、自分がその日頑張れたことを思い出して『ようやったわ』てホメや。一日のうち、絶対一つは頑張れてることあるから、それを見つけてホメるんや。一日の最後はな、頑張れんかったことを思い出して自分を責めるんやなくて、自分をホメて終わるんやで。そうやってな、頑張ったり成長したりすることが『楽しい』ことなんや、て自分におしえたるんや

「継続すること」の本質について語っているパートと理解しました。

頑張らなければならないと考えることは楽しくないし、楽しくないことは続かない。物事を続けるには、頑張っていること自体が楽しくないと続かない。だから寝る前に頑張ったことをホメることが重要なんです。

人間ちゅうのは不思議な生き物でな。自分にとってどうでもええ人には気い遣いよるくせに、一番お世話になった人や一番自分を好きでいてくれる人、つまり、自分にとって一番大事な人を一番ぞんざいに扱うんや。たとえば……親や

ギクッとしませんでしたか?

仕事をしていても、うるさいお客さんには構うのに、自分のことを大事にしてくれているお客さんに対しては後回しにしてしまったりする傾向がありますよね。大事な人の優しさに甘えてしまっています。私の場合は妻に対して甘えすぎていないかと考えました。

人の優先順位は自分のことを大事に思ってくれる人が高いはず。まずは身近にいる一番大事な人を喜ばせることができるように行動していきたいです。

まとめ

『夢をかなえるゾウ1』について紹介してきました。

何かしら今の自分を変えたいと行動している人へ多くの気づきを与えてくれる本だと思っています。また成功者達はこんなことを考えて行動しているのかということがわかります。

ただ「馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない」ということわざがあるように、この本を読んだだけでは何も変わりません。最後は自分で決断し、行動する必要があります。

一日一個でも何かを実行して行動に移せば、たとえ間違っていたとしてもそれは大切な一歩だと思います。ぜひ読んでみてください。

私はKindle Unlimitedに登録していたので無料で読めました。登録している方は是非読んでみてください。

登録していない方も30日間の無料体験ができますので、興味があればタダ読みしてみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

✓一部上場のメーカー勤務
✓沖縄出身
✓30代半ばで2児のパパ
大企業でも安心できないと感じブログ開設。
6記事目でアドセンス一発合格。

ブログのメインテーマは『ライフハック』
生活や仕事に役立つテクニック、便利で豊かに過ごすためのアイテムについてまとめています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる