読書を習慣化したい社会人がオーディブルを使ってみた感想

この記事は以下の方に向けて書いています。

  • 今まで読書の習慣が無い方
  • オーディブルでの読書について気になっている方
  1. 習慣化できた方法 → オーディブルでスキマ時間を有効活用
  2. 6ヶ月使ってみた感想 → 満足!『月1冊』を確実に読める
  3. メリット・デメリット
  4. 最初におすすめの1冊

今まで月に1冊も読書をしていなかった私がAudible(オーディブル)を使い始めてなんと読書が『6ヶ月』継続しています。そんな私の成功体験について解説します。

目次

習慣化できた方法  

オーディブルを使うと、スキマ時間を有効に使えるというのが大きいですね。聴くだけなので、何かの作業の片手間でできるのが継続している1番の理由かと思っています。

例えば私の場合、片道30分の通勤時の車内で聴いてみたり、夕食後の洗い物やお風呂の時間にも聴いたりしています。

特に通勤時間はルーティーンにしやすいです。車内は個室ということもあって集中でき、意外と内容も頭に入ります。さらに気持ちの面でも、今まで何となくラジオを聴いて過ごしていたのと比較して「時間を有効に使えてる!」という自己満足感がハンパないです(笑)

6ヶ月使ってみた感想 

ひとことで言うと「満足」してます!

そもそも本を全く読んでいなかった人間が、『確実に月1冊は読み切るようになった』という点に価値があると思っています。

使って感じたメリット

メリット

  • 聴くだけなので分厚い本へのハードルが下がる
  • そもそも本を読むという行為への抵抗がなくなる
  • さらにいろいろ読みたくなり、追加で本を買うようになった

メリットは、聴くだけなので分厚い本へのハードルが下がります。読書をあまりしない人からすると紙の分厚い本はモチベーションの継続が難しいですよね。。聴くだけだと視覚的なプレッシャーもないこともあるのか、結果読めてしまいます。

さらに1冊読み切ったという実績ができると次の本を読む行為への抵抗が少なくなります。もう1冊と読み終えると、「もっと読みたい!」という欲が湧いてきて追加で本を買うようにもなりました。これは意外な効果効能でした^^

使って感じたデメリット

デメリット

  • 「グラフ・表」が出てくるような本は運転中などにはつらい
  • 普通の書籍と比較すると1冊の価格は高い

デメリットは、グラフが出てくるような本だと運転中など状況によっては少しつらいかなと感じました。またオーディブルは普通の書籍に比べ1冊の価格が高いため、1ヶ月の間にオーディブルで2冊目を読みたいとなるとコスト的に高くつくかなと感じました。

私のように「もっと読みたい」という欲が出てきたときにぶち当たる問題だと思います。

ただ私はそのうれしい問題のおかげでKindle Unlimitedへの登録を決心し、さらに色々な本を読むようになりました。

最初におすすめの1冊

私が聴いた中で特に良かったと思うものを紹介します。

嫌われる勇気

社会人が読むべき1冊として各所で紹介されていますが、1度は読んでみるべきだと思います。私はこの本を読んだおかげで対人関係について新たな視点をもつことができました。

この本自体は対話形式で話が展開されるので、オーディブルで聴くには最適だと思います。また青年役の方の熱演が私はツボりました。

ファクトフルネス

私が1番最初に選んだ本です。

オリラジあっちゃんのYoutube大学で見て、ずっと内容が気になっていました。ただページ数が多いので紙の本だと読み切れるかが不安でしたが、聴く読書という特性のおかげで余裕で読了できました。

この本は所々でグラフの説明が入るので、聴く状況によっては向き不向きがあります。ただそれ以上に内容は面白いです。自分たちがいかに思い込みの世界で生きているのかということを気づかせてくれます。

最後に 合わなかったら解約できます

私自身のライフスタイルにはぴったりハマりましたが、もちろん合う合わないはあると思います。

ただ初月の利用は無料で期間内なら解約もできるので、一度試したうえで判断してみてはいかがでしょうか?

やってみたら意外にも続くかもしれませんよ^^

今回は以上です。

Audible(オーディブル)に興味ある方はこちら。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

✓一部上場のメーカー勤務
✓沖縄出身
✓30代半ばで2児のパパ
大企業でも安心できないと感じブログ開設。
6記事目でアドセンス一発合格。

ブログのメインテーマは『ライフハック』
生活や仕事に役立つテクニック、便利で豊かに過ごすためのアイテムについてまとめています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる